1月例会作品 2020年1月21日

 九十九谷の朝霧    大谷 且子

 今月の一枚
 令和2年の干支は庚子(かのえ•ね)で、全く新しいことにチャレンジするのに適した年のようです。今月の一枚には大谷且子さんの作品「九十九谷の朝霧」(絞り:F11.0、シャッター:1/60ISO:200、露出補正:1.5、焦点距離:32(35㎜換算51))この作品の素晴らしいのは、日の出の十数分後雲海の彼方が淡い陽光で薄い朱に染まり、更に日の出と共に躍動し始めた朝霧をも染めている瞬間を捉えているところです。濃い朝霧から頭を覗かせる山々が大海に浮かぶ島々を想わせる風情が素敵です。冬季の季節感溢れる美しい作品もお楽しみ下さい。 M.Tada


        
 並木 敏夫  高橋 安吉 藤代 善一郎 鈴木 賀夫

 
内田 ちよ子
嶋田 治雄 多田 政美
伊藤 裕介 

       
 益田 清  今関 朝樹    


デジタル写真クラブへ