トピックス
2019年4月9日 更新

369 2019年 SSMお花見会
368 第2回終活セミナー
367  2019年 SSM新年会
366 パソコン勉強会
365 終活セミナー
364 第15回SSM総会
363 健康セミナー「ロコモ教室」
362 SSM 納涼会
361 パソコン勉強会
360〜341
340〜321
320〜301
300〜281
280〜261
260〜241
240〜221
220〜201
200〜181
180〜161
160〜141
140〜121
120〜101
100〜081
080〜061
060〜041
040〜021
020〜001
369 2019年 SSMお花見会  2019/4/4
隅田川とスカイツリー  目黒川両岸の桜  
 今年の桜の開花は例年より早くお花見会まで花は持たないのではと心配しておりましたが、花見会当日寸前まで低温が続いた為、花は満開状態を保っておりました。
 SSMお花見会は4月4日に催され、23名が参加しました。今回は今まで恒例の「千葉ポートパークでのお花見会」で無く「隅田川両岸と目黒川両岸に咲き誇る桜を愛でるクルーズ」〜ポケカル社プラン〜に参加して、お花見を楽しもうと言う事になりました。

 先ず「隅田川両岸の桜」見物クルーズです。我々は昼12時に東京都観光船・浅草発着場に集合しそこで乗船、クルーズが始まりました。墨提に700本から植えられている満開の桜。それと東京スカイツリー、泡のアサヒビール本社ビルとのコラボも絵になる春らしい情景です。♪春のうらの隅田川…♪ ここの情景を作曲した滝廉太郎の「花」を思わず心の中で口ずさみました。
しゃれたクルーズ船が行き交う中、巨大ビル群林立の湾岸新都心を横目に日の出桟橋に到着、ここでこのクルーズを終えました。
 次は天王洲・船着き場から別のクルーズ船に乗船、目黒川をさかのぼりました。目指すは「目黒川両岸の桜見物」クルーズです。ここの花見は某情報サイトの全国桜名所ランキングでトップだと聞いていました。目黒区内の目黒川は、春になると約4kmの桜並木に約800本もの桜が咲き誇ります。その内特に有名なのは目黒川の上流・中流にあたる川幅が狭い池尻大橋〜中目黒間で、桜の花が川を覆いつくすその情景です。この度我々のクルーズは下流から上り、中流近くに建つ雅叙園附近で船を折り返す下流主体のクルーズでした。ゆったり流れる目黒川に桜が写し出され、大きな桜のパノラマを作っていました。川面を見ると散り行く花びらは殆どなく、花は正に最良な満開状態でした。折り返し点から上流の中目黒方面を望むと遠くに両岸から張り出したアーチ状に咲く桜が見えました。このアーチ状に川面に咲き誇る桜、これを地上からでなく船上から眺め上げる事を期待していたのですが、今回これが出来なかったのは、私にとって唯一の心残りであります。

 クルーズはこれで終わり、バスでJR浜松町駅へ。ここで自由解散となりました。折しも快晴、穏やかな心地よい春、そして桜は満開。お蔭で正に最高のお花見が満喫出来ました。
「平成」最後の年でも有り、この度は強く想い出に残る「SSMお花見会」となりました。
 この度この催しの企画から運営に努められた皆様に心からお礼申し上げます。
 文・鳥本恵司/写真・工藤司朗
368 第2回終活セミナー   2019/3/26
    

 去る3月26日第2回終活セミナ−が打瀬公民館で開催されました。
参加人員26名 講師は前回に引き続き杉村孝一氏と新たに東 憲吾氏2名がそれぞれの専門分野についての講義されました。「終活活動はこれまでの半生を振り返り、先々に発生するであろう心配事に対し、元気な内にきちんとその対応を準備すること」を配布テキストを使い体系的な説明をして頂きました。私も自分なりに終活を進めて居りましたが講義が進むにつれて不備な点が多く発見され、配布された「メッセ−ジノ−ト」を参考に原点復帰して再度の挑戦を目指しています。再考の要点を列記します。
1)今後の人生の準備と言う意識を持つべし(人生の目的として)  
2)メッセ−ジノ−トを作成(記帳)し始める日を決める(漠然としていた)
3)順次空欄を埋めるのではなく、ランダムに空欄を埋める(出来るとこ   ろから)
4)夫婦の意思の疎通を十分に保ちながら作る(独りよがりにならない   ように)
5)後で修正が効くように鉛筆書きにする(記憶が曖昧、後々の修正を   考えて)
6)完成したら家族に収納場所を伝えるべし(必要なときに取り出せるこ  と)
 「自分一人で気の向く儘、思いつきで進めて来た終活」とは設計時点での思慮不足を反省し、また新たに追加された「おひとりさま」に関する講義は今後の自分達の境遇の変化や家族構成の態様変化を先読みしてより一層の深い勉強会が必要になると思いました。
本セミナ−の企画、開講に御世話頂いた世話役の皆様に感謝いたします。
 文・江ア和彦/写真・池垣真知子
 367 2019年 SSM新年会 2019/1/18 
  1月18日(金)にSSM恒例の新年会がヴェルシオーネ若潮で開催されました。
元旦から正月らしいお天気が続いていましたが、新年会当日は寒気が一入厳しい日でした。参加者は27人と例年に比べ少なめでしたが、厳しい寒さが出足を渋らしたのでしょうか。
 今年の会場はシャンデリアがまぶしい豪華な部屋がセットされました。
定刻、工藤代表から、「今年平成31年は、どちらの新年会でも挨拶に『平成最後の○○』とのフレーズが付きますが、SSMの新年会は「新しい年に向かってみんなで楽しく過ごそうと気持ちを新たにする新年会」です、とのご挨拶がありました。

 年男鍵和田さんの乾杯に続き松花堂弁当の会食で楽しく宴が盛り上がるうちに、お楽しみのアトラクションの時間になりました。
 真打の噺家三遊亭圓福師匠が出囃子に乗って高座に上がると会場は一気に寄席気分。まくらで、当会場にたどり着くまでの出来事のお話で皆の笑いを取り、本題に入り、お正月のお酒飲みの酔態を身振り手振りで演じました。
会場が爆笑で盛り上がったところで、正月恒例の寄席踊り「かっぽれ」を賑やかに踊り、余興はお開きになりました。正月らしい楽しいアトラクションでした。
 最後に、江崎さんの指揮、澤井さんの伴奏で「富士の山」「SSMの歌」を歌い、集合写真を撮って解散となりました。
                           文・嶋田治雄/写真・工藤司朗
366 パソコン勉強会 2018/10/25
パソコン勉強会 10月25日千葉の生涯学習センタ−でPC勉強会が開催されました。今回は参加者が多く20台のPCは満席の盛況、皆さんの向学心の高さの表れでしょう。
 
 先ず、鍵和田講師による「プリンターの活用法」。「ワ−ドでポスタ−を作ろう」のテ−マでプリンタ−の機能を活用した新しい操作手法での指導でした。
 テキストは事前に配布されて居ましたが、十分な理解が出来ないままの参加でした。しかし講師の大画面を参考に操作を続けた結果、A4版の原画が「プリンタ−のポスタ−機能」を使って拡大すると2x2 3x3 4x4の要求サイズに仕上がり、縦や横の長尺ポスタ−も出来るそうで、驚きました。プリンタ−にはこんな機能も装備されているんですね。
 
 小休止のあとは西原講師のセミナ−でした。冒頭、余程の思いがあったのでしょうか?高齢化に伴う健康問題、健康寿命の問題に熱弁をふるわれました。健康維持にはポイントを3点に絞り1)バランスの良い食事 2)有酸素運動 3)質の高い睡眠 を心掛け日々を送ろう!との提言でした。
 
 続いて本題のテ−マは「Windows 10の効率的な活用」に関しての講義でした。資料は広範囲に亘るもので「ショ−トカット・キ−」を活用することで操作の簡略化、時間短縮など多くのメリットが有り、積極的に取り組んで欲しいとのアドバイスも頂きました。
 W10に慣れていない者にはまだ難解な部分が多く、未消化の部分は各自の努力で頑張りたいですね。
 この後SDメモリ−の説明などがありました。今回も改めてPCに関する機能の奥深さに認識を深めた勉強会でした。
 講師を始め世話役の皆様有り難うございました。
 文・江ア和彦/写真・池垣真知子
365 終活セミナー 2018/10/23
セミナー会場風景 10月23日午後、ベイタウン・コアで掲題のセミナーが、25名参加で開催されました。

 講師はイオン系列の会社、皆に大切なセレモニーだけに期待して参加したのですが、期待以上の内容でした。講師は昔一般の葬儀会社の第一線で仕事していた人。それだけに、昔からの葬儀を、今の社会のニーズにどう合わせるかの一家言を持っていて、聴き応えがありました。それと、イオンの葬儀を前提に僧侶のお布施の一元化(15万円)を実現していることも朗報。業界の裏話も織り交ぜて、有益な1時間半でした。

 今回は、葬儀の実態とイオンライフでの葬儀の説明が主でしたが、もう一回エンディングノート関連のことなど幅広いテーマで、続編のセミナーを…という話になりました。
 次回セミナーは来年になりそうですが、高齢化の今、納得のいく終末準備は大切で、今回はいい話を聞けてよかった。
次回もぜひ参加したいと思いました。
文・益田 清/写真・池垣真知子
364 第15回SSM総会 2018/9/18 
第15回SSM総会 平成30年9月18日会員40名参加。出席全員が元気をもらった総会でした。
 司会進行は江崎さん。まず、増井前代表の挨拶、活動報告。ついで、会計と監査報告。そのあと、工藤新代表の、遠慮なくみんなを引っ張るからよろしくとの力強い宣言挨拶。
16年前、SSM創設時の初代代表でもありますから、全員自分のためにも頑張ろうと気を引き締めました。

 短時間の休憩後、秀明大学専任講師の原田さんによる講演。
テーマ「情報と社会・これからの教育」。IT時代をどう日常に取り込むかという今一番大事な知識を教えていただきました。
 例として、小型ドローンの操作実習に入ると女性を含め(むしろ女性率先)、皆で操作を体験しました。 
 SSMシニアの前向きな元気に圧倒される素晴らしい時間でした。
最後合唱し、記念写真を撮り、元気を分け合った総会を解散しました。
文・益田 清/写真・高橋安吉 
363 健康セミナー「ロコモ教室に参加して」 2018/8/28
 この度北千葉整形外科 理学療法士・石垣先生とトレーナー・阿部先生ご両人による健康セミナーが2018年8月28日午後、打瀬公民館・コアで開催されました。
 テーマは「ロコモティブ・シンドロームについて」で、米寿の薄さん始め20名が参加しました。
 
 先ず、ロコモとは何か?それは、加齢の進行と共に必然的に起こる人体移動能力の低下現象の事で、その流れの説明があり、直ちに出席者各人に簡単な体力テストが行われ、その場でロコモ度の進行度が算定されました。
私達はそこで自分のロコモ度を知る事になりました。

 次に、このロコモを予防・改善する為には次の3要素(柔軟性・筋力・バランス)をバランスよく鍛える事が必要との説明がありました。
それからはトレーナー先生による様々な体位による予防・改善運動の指導に入り、皆は真剣に教わり、和気藹々の中講習は無事終わりました。

 ご指導を下さったお若い両先生に心からお礼申し上げます、
いまこれに参加して、自分の身体レベルと生活レベルに合わせた健康づくりを直ちに実践しなければならないと己に言い聞かせたところです。
でも張り切りすぎは禁物と言はれました。
 文・鳥本恵司/写真・工藤司朗
362 SSM 納涼会   2018/7/24 
 猛暑の中、猛暑だからこそのSSM納涼会が、7月24日にオークラ千葉ホテルで開催されました。

 ホテルの南欧風の趣のある中庭の会場は、夕日が沈み始めた午後6時から、27名の会員が暑気を追い払おうと参集しました。
 代表の増井さんの軽快な暑さを吹き飛ばす開宴宣言に始まり、土井さんの爽やかな乾杯宣言で、またも涼しさを運んでもらいます。

 中華と洋食の美味な料理を肴に舌鼓を打って、それぞれの好みの飲み物に涼を求めました。宴も半ばとなると、席を自由に行き来しての談笑懇親が進み、高橋さんのスナップ撮影にポーズをとったりしながら盛り上がって参ります。

 時間のたつのも忘れ、締めくくりは池垣さんの一本締めでこれまた暑さを吹き飛ばしていただきます。暑さを忘れ去った皆さんの集合写真を、工藤さんに撮ってもらい、次の再会を誓い合いました。
楽しい夕刻でございました……。
 文・武山忠孝/写真・工藤司朗
361 パソコン勉強会   2018/4/27
ボケ防止に利く! つつじの花が咲き始めた4月27日(金)生涯学習センターに於いて恒例のPC勉強会が行われました。この教室はウィンドウ10が入っているPCが20台完備され充実した環境だ。参加者は講師を含めて16名。

 前半は遠藤講師による「ワードアートでお花のフレームを描こう」です。Word97〜2003文書に変換しての作業だからウィンドウ7など以前の使い慣れたワードアートギャラリーを使うので抵抗が少ない。久しぶりの勉強で戸惑う方もいましたが、遠藤講師の熱心な指導であちらこちらで「あー出来た!」の声が上がり皆さん楽しそうです。
 後半は西原講師の熱血講義だ。ウィンドウ10の使い方で、アクションセンターの役割、ショートカットの利用法、特に「CCleaner」ソフトをインストールしてPCを快適に使うようにとの指導だが、これは少々難しそうだ。12:30から15:00までの2時間半お二人の熱心な指導であっという間に講義が終わる。西原さん、遠藤さんお疲れ様でした。

 終了後は一階にあるコーヒーショップで皆さん雑談に花を咲かせる。最近パソコン離れの方が多くなりました。時々は皆でワイワイ言いながら勉強するのもボケ防止になっていいかなーと思いました。(もしかして私だけ?)
文・鍵和田 潔/写真・高橋安吉